2013年01月10日

電気を使わないエコなゲームで遊び学ぶ

スタッフにバトンタッチした『PARUPARU』の連載「森からの伝言」に久しぶりに寄稿した分です。

--以下、道北のフリーペーパー『PARUPARU』1月号掲載分--

森からの伝言

電気を使わないエコなゲームで遊び学ぶ

 子どもの森林環境教育に取り組んできた私ですが、最近は、子どもの一日のかなりの部分を占めているTV・DVD・デジタルゲームの時間をもっと豊かなものに変えられないかなと模索しています。
 6歳児のいる我が家では、対面で会話をしながら楽しめるだろうとオセロなどのゲームをやってみたのですが、子どもとやると手加減しなければならず、接待になってしまってちっとも面白くない(笑)!
 何か良いものはないかと考えていたところ、大学生の頃に出会ったドイツのボードゲームが頭に浮かびました。
 いろんな種類があるドイツゲームに共通する特徴は、オセロのような考える要素とすごろくのような運の要素がバランス良く組み込まれていて、時間も10分程度の短時間から1時間を超える長時間のものまであり、子どもからお年寄りまで幅広い年代が一緒に楽しめるようにデザインされているところです。
 電気を使わないという点ではエコでもあるし、かわいい動物たちが主人公だったり、木のコマを使っていたり、ゲームを通じて自然に親しむことにもつながります。
 早速インターネットで取り寄せて遊んでみたところ、子どもの反応も良く、何より自分が楽しい(笑)!さらに、楽しいだけではなく、得点計算などが足し算の練習になったり、言葉遊びのゲームで言語能力が高まったり、パズル的な要素で図形認識力が鍛えられたり、学びにもつながっていることがわかりました。
 また、デジタルゲームのように途中でリセットしてしまっては、一緒に遊んでいる相手が嫌な気持ちになってしまうので、最後までやり抜く粘り強さのトレーニングにもなります。そして、粘り強く続けていれば、最後に大逆転もあること、それでもやはり上手くいかないことがあること、でもその経験が次に活かせること…まるで私たちの人生の縮図のようではありませんか!
 室内にいる時間が増える冬。家族や友人と過ごす時間を豊かにする道具として、ドイツゲームどうでしょう?
posted by ナスケン at 15:16| Comment(0) | 森からの伝言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: