2013年01月10日

連続ツイート「自分の物語を生きる者のみが、希望を語ることができる」

歴史的な?衆議院選挙の結果を受けて2012年12月16日(日) から2012年12月17日(月)にかけて久しぶりに連続ツイートしたのでまとめておきます。

--

2012年12月16日(日)
久しぶりに連続ツイート、いってみますか…
posted at 23:27:42

高齢化率約38%の地域に暮らしながら自分より年上ばかりの意思決定プロセスに触れているせいか、今回の選挙の方が日本の現実をより正確に反映している気がする。前回はホントにこのマニュフェストでこの国の政権取れたの?と半信半疑だった。
posted at 23:28:55

元の木阿弥。宮崎駿さんが「今ファンタジーを僕らはつくれません。子どもたちが楽しみに観るような、そういう幸せな映画を当面つくれないと思っています」と言う時代、「人生を根こそぎにしようという風」が吹き始めた時代…見て見ぬ振りは結局無理だった。
posted at 23:33:56

市場における神の見えざる手の失敗、民主主義における任せる政治の失敗、市民運動における二項対立型運動の失敗…全ての失敗をヒトゴトにせずジブンゴトとして引受けることができるのか。失敗から学び成功の源とすることができるのか。まだまだ続く撤退戦を負け続ける覚悟はあるのか。
posted at 23:44:29

負け続ける覚悟と同時に「子どもたちにむかって絶望を説くな」という児童文学の精神を。「生まれてきてよかったんだ」というエールを子どもたちに。特に福島の子どもたちに。そして、自分自身に。
posted at 23:55:24

2012年12月17日(月)
撤退戦、負け続ける覚悟と書いたけど、そもそも戦いではないんだよな…勝つか負けるか、白か黒かの討論ではなく、あなたとわたし、白地に赤にカラフルに、みんなちがって、みんないい、そんな対話の世界へと、明日から、いや、今、ここ、対話から。
posted at 00:01:36

今、ここの対話は、自分の物語との対話から。今日、あなたが投票用紙に書いたあの人、その政党は、本当にあなた自身の物語に登場するのか。どこどこの組織に属するワタクシというフィクションに出てくる人や政党ではなかったか。あなたは今日、今を生きていたのか。
posted at 00:10:44

私たちは子どもたちに絶望ではなく「生まれてきてよかったんだ」というエールを送らなければならない。しかし、それはフィクションであってはならない。であるならば、私たち自身がフィクションを生きていてはならない。自分の物語を生きる者のみが、希望を語ることができる。
posted at 00:15:53

…うーん、最後の一言が、自分に一番ぐさりときた気がする(苦笑。今夜はこの辺で。
posted at 00:17:41
posted by ナスケン at 17:01| Comment(0) | 連続ツイート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: