2013年07月24日

これでは選挙ではなく戦挙だ

選挙期間中に強く感じたんだけど、選挙を戦いになぞらえて勝つか負けるかという言葉が多過ぎると思う。これでは選挙ではなくて戦挙だ。

日本を戦争のできる国にしたいと言う人たちがそういう言葉を使うのはある意味で整合性があるけれど、そうじゃない主張をしている人たちまでも握り拳で「この戦いに勝利する」だとか「ぜったい負けられない」とか言っててなだんかコワイ。

で、ダイアログとディスカッションの違いについて思い出した。

▼引用:『学習する組織』44頁
学習する組織――システム思考で未来を創造する [単行本] / ピーター M センゲ, Peter M. Senge (著); 枝廣 淳子, 小田 理一郎, 中小路 佳代子 (翻訳); 英治出版 (刊)

ダイアログは、より一般的な言葉である「ディスカッション」とは異なる。「ディスカッション」は、「叩打(パーカッション)」や「衝撃(コンカッション)」を語源としていて、文字どおり、勝者がすべてを得る競争の中で考えを互いにぶつけ合うことである


今の選挙、そして選挙で選ばれた人たちによる国会や議会ってディスカッションだよな。

でダイアログ〔dialogue〕は、

▼引用:『学習する組織』44頁
それは、チームのメンバーが、前提を保留して本当の意味で「共に考える」能力である。ギリシャ人にとって、
「ディアロゴス〔dia-logos〕」は、個人では得ることのできない洞察をグループとして発見することを可能にするような、グループ全体に自由に広がる意味の流れ」を意味した。


となっていて、現状からはほど遠い。

これは既得権層だけではなくて、社会運動・市民活動をしている人たちも実は苦手だったりそもそもそういう発想がなかったり。

反対ばかりで対案がないと言われて市民活動も対案力を鍛えたけど、今度は「対案あって対話なし」という状況に陥っているような。

類が友を呼び群れる楽しさに身を置いた者が、異質な他者と過ごす居心地の悪さから遠ざかろうとするのはお互い様か。

というわけで、読んでいる2冊。

ホールシステム・アプローチ―1000人以上でもとことん話し合える方法 [単行本(ソフトカバー)] / 香取 一昭, 大川 恒 (著); 日本経済新聞出版社 (刊)

人と組織を強くする交渉力 [単行本] / 鈴木有香 (著); 自由国民社 (刊)
posted by ナスケン at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: