2016年11月22日

祖母のつないでくれたご縁

ちょうど1週間前の火曜日に祖母が他界しました。94歳でした。

祖母も私の故郷の名古屋市在住でしたので予定外の帰省。

あいにく旭川空港からの中部国際空港便が運休中だったので、名寄からJRを乗り継ぎ、新千歳空港から。

行きは遅れもなく通夜に間に合い、葬儀など一通り終え、2泊3日で帰宅。

土曜日は次女の幼児センター発表会、日曜は次女の5歳の誕生日、月曜は臨時議会と行事が続き、あっという間の1週間でした。

ほっと一息、ふと思えば、今、私が北海道の森林の町、下川町にいるのは祖母のつないでくれたご縁だったんだなと。

私が生まれ育ったのは、名古屋市南部の工業港に隣接した埋め立て地帯。

一方祖母の家は、同じ市内でも牧野ヶ池緑地という公園の近くで、私が幼少期に通った頃は、まだ自然が残っていた記憶があります。

私にとっての森の原風景は、この牧野ヶ池緑地です。

しかし、年月を重ねるうちに、かつて森だった風景に宅地が混ざるようになり、やがて森が丸ごと消えてしまいました。

私が環境問題に取り組むようになった原点もここにあるような気がします。

今、ここに生きる原点をくれた祖母に直接的な恩返しはほとんどできていない気がしますが、

この命を次につなげていくことが恩返しにつながると信じ、明日へとまた一歩踏み出したいと思います。

おばあちゃん、ありがとう。
posted by ナスケン at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: